ルイヴィトンアズールネヴァーフルアフターサービス_ルイヴィトンネヴァーフルpm口コミ_ルイヴィトンアズールネヴァーフル公式サイトは規格品か_ルイヴィトンアズールネヴァーフル格安2013 outlet!


2015-02-18 17:28    ルイヴィトンアズールネヴァーフル
 リビング・ルームに出ていった男は、部屋の境で、パワーが入ったままのオーディオコンポーネントを見つめた。  パネルランプが、灰色に色を沈めたカーペットの海に黄色い四角形の光を投げかけ、そこだけが小島のようにうかんでいる。  ドアの錠を解き、窓に向かうと、ブラインドに指をさしこみ表をのぞいた。  外の世界が、昼間とはまったくちがった意味で輝いていた。防音効果の高いアルミサッシのはるか下方で、生きる者の存在が、音をたてることない蠢《うごめ》きとして彼の目にうつった。  男の背後で扉が開き、夕方訪れた女が姿を現わした。赤のワンピースを身につけ、素足に踵《かかと》の高いサンダルをはいている。  男は振りむかずに、窓の下を見おろしたままでいた。  その裸の背に、女の細い人さし指が触れた。薄闇の中の、黒くひきしまった筋肉のもりあがりを、赤いマニキュアを施した爪先がそっとなぞる。  しばらく男は動かず、女も指先だけで男の肉体に接していた。  やがて男がブラインドの羽から指をはずしてふりむくと、女の接触が全裸の男に力を与えていた。  女はそれを見、男の顔を見上げた。かすかにはにかんだような喜びの色が女の顔にうかんでいた。指のせいで広がった羽からさしこむ光が、その顔に走査線のような明暗をつくる。  女は左手に持っていた小さなバッグを床におろし、跪《ひざまず》いた。  男の変化が女の目前にあった。女はもう一度男の顔を見上げると、手を使わずにそれに唇をあて、暖かい頬の内側に包みこんだ。  男の肉体が頂点に達する。その瞬間まで二人はひとことも口をきかず、姿勢を変えなかった。  女が男の放った生命を飲み下すと、ようやく二人は体を動かした。  まず女がバッグからハンケチを出し、男の体をぬぐい、次に唇にあてた。上気した頬で、愛《いと》おしげにする、その順序が女の気持を表わしていた。 「出かける?」  女がバッグにハンケチを仕舞うと、訊《き》いた。男は頷き、彼女をそこに残して寝室に戻った。出てきたときは、白いシャツに、明るいグレイのスラックス、黒の革靴を身につけていた。二人はそれ以上言葉もかわさず、体も寄せなかった。  ただ、女が入口を出るとき、男が開いたドアを腕で支えた。女は無言で、男の顔を見つめすり抜けた。